VBAヘルプ★VBEヘルプ

わずかな知識で VBA!

Excel VBAヘルプ,VBAヘルプ,VBEヘルプ


 

VBEヘルプの活用



  エクセルのVBEのヘルプ(VBAのヘルプ)は、
    通常のセットアップではインストールされていません。

   でも、インストールの方法はとても簡単です。

   Excelを立ち上げ「Alt」+「F11」キーを押してVBE画面を開きます。

     1.メニュー「ヘルプ(H)」をクリックしてサブメニューを表示します。

     2.「Microsoft Visual Basicヘルプ(H)」をクッリックします。

     3. Excelのセットアップ持の条件により、CD-ROMの挿入を促される場合も
       ありますが、その場合は指示に従って挿入し、

       表示されたダイアログボックスの指示に従えばインストールできます。

   実は、私もVBEヘルプを検索して探しまわる作業がきらいで、
   新たな知識が必要な時には、即、本屋へ走ります。

   VBEヘルプには当然、キーワードやステートメントの説明がされているのですが、
   逆引き的なものが無く、それっぽい英単語から想像して探しています。

   イルカやハイミスのおばさんは答えてくれません。
      

わずかな知識で
VBA!







   で、まず、一番使うと思われる機能を説明します。

   市販されているマクロ集などから利用したいマクロをコピペで写した時など、そこに使用されている
   キーワードが、何をしているのか知りたい場合の使用方法です。

    まず、そのキーワード内のどこかにマウスのカーソルを置きます。

   次に、ファンクションキーの「F1」ボタンを押すとそのキーワードに関するヘルプが表示されます。

   ただし、作成者が作ったキーワード以外の物、つまり、Excel純正品に限ります。

   これだけ知っていれば難解なVBEのヘルプも、十分役に立つものに変わります。


   難解といえば、ヘルプの日本語が変わっていて、中学生の直訳レベル!
   というかVBAを知らない人が翻訳したようなレベルで、
   「誰が翻訳したんだ!」と怒りたくなるような代物です。
   1回読んだだけでは意味の伝わらないものばかりです。

   では、VBEヘルプの大まかな説明です。バージョンによって表示形式は異なりますが、
   Excel2000以降はその内容はほとんど同じです。


   使用方法は簡単ですが、目的物にたどりつくのは運(?)です。
   検索機能はもちろんありますが、写真も図もなく文字の羅列なので執念と根気で探すことになります。

   VBEの画面で、ツールーバーの「ヘルプ(H)」をクリックし、表示されたサブメニューから
   「Microsoft Visual Vasic ヘルプ(H)」をクリクします。

     

  
          上の図は、Excel2007のものです。

    「Visual Basic ランゲージリファレンス」や、「Visual Basic プログラミングのヒント」等を主に使用しますが、
    感を働かせて探していきます。

    運よく、目的の物らしいものが見つかったら、必要な部分をコピーして、VBEの画面に貼り付けます。

    コピーには、Excelと同じように「Ctrl」+「C]で、貼り付けには、「Ctrl」+「V」キーが便利です。

    今まで、無理して「オブジェクト」、「ステートメント」、「プロパティ」という言葉を使用してきたのは、
    この言葉がわからないとヘルプが理解できないためです。もちろん、これらの言葉の説明もヘルプには
    表示されていますが、正確ではなくても感覚的に理解できるぐらいの知識は必要です。

    VBEには、「イミディエイトウィンドウ」といものが用意されているので、そちらに貼り付けて
    動作確認する方法もあります。

    ヘルプの中には、「使用例」というものも用意されており、こちらのほうは、文章より全然分かり易いです。

    「イミディエイトウィンドウ」については次章で説明します。

        


  わずかな知識でVBA!       TOP

  マクロで何ができる?   ユーザーインターフェース    マクロの記録   マクロの登録
 
  イベントについて      マクロの編集とデバッグ    ゲームで覚えるVBAプログラミング
 
  オブジェクトの操作     セルの操作            MsgBox関数・InputBox関数
 
  変数の型           ヘルプの活用          イミディエイトウィンドウ  
 
  Withステートメント      Setステートメント
 
  条件分岐のステートメント   If Then Else,Select Case
 
  繰り返しのステートメント   Do Loop
 
  繰り返しのステートメント   For Next
  
  ダイアログボックスを作ってみよう1              ダイアログボックスを作ってみよう2 【実践編】
  
  ActiveXコントロール   各コントロールのプロパティ      文字列の操作        Endプロパティ

  リンク・検索   相互リンク    マイプロフィール       YouTubeの部屋 

Copyright (C) わずかな知識でVBA! All Rights Reserved